文京区の耳鼻科 小児耳鼻 耳鼻咽喉科 アレルギー科 千石駅徒歩3分

赤池耳鼻科咽喉科医院

東京都文京区千石4-40-2

都営三田線 「千石駅」徒歩3

赤池耳鼻科咽喉科医院

「ブラックペアン」演出に学会が抗議

「ブラックペアン」演出に学会が抗議

 日本臨床薬理学会は5月2日、TBS系ドラマ「ブラックペアン」で描かれている治験コーディネーター(CRC)像が事実とはかけ離れており、「CRCの心を折り、侮辱するもの」であるとの抗議文を、同学会フェイスブックページ上に公開した。

 「ブラックペアン」は、海堂尊氏による小説を原作とした二宮和也さん主演の医療ドラマで、CRC役は加藤綾子さんが演じている。

 抗議文によると、問題となったのは第1話、第2話で描写されたCRCの姿だ。「治験コーディネーター」と呼ばれるこの役は、同学会が認定するCRC(臨床研究コーディネーター)とほぼ同義と解釈できるが、製薬企業と契約するCRCがいると説明されたり、医師たちに高額接待をしたり、高額な負担軽減費で患者に治験への参加を誘導したりするなど、」誤解を招く描写があるという。

 CRCと言う職種について、「スーツを着てかっこよくこなせる業務ではありません。担当医師を高級レストランで接待するCRCも100%おりません。」と指摘し、治験参加者に支払われる負担軽減費300万円という設定についても、「殆どのところで1回の来院あたり7000~8000円」であり、「この額なら治験参加の誘因にならないだろうと定められた背景がある」と反論。

 こうした描写はドラマの演出という言葉で片付けられないとして、「現在、患者さんのために、医療の発展のために真摯に努力しているCRCの心を折り、侮辱する者であったと感じる」と批判した上で、「CRCの指命、現状を正しくご認識頂き、あまりにも現実と乖離した描写を避けて頂くよう希望する」と求めている。

投稿日:2018年5月16日|カテゴリ:トピックス