文京区の耳鼻科 小児耳鼻 耳鼻咽喉科 アレルギー科 千石駅徒歩3分

赤池耳鼻科咽喉科医院

東京都文京区千石4-40-2

都営三田線 「千石駅」徒歩3

赤池耳鼻科咽喉科医院

風疹患者、1週間で倍増 関東から全国へ拡大か

風疹患者、1週間で倍増 関東から全国へ拡大か

 国立感染症研究所は4日、直近1週間(8月20日~26日)の風疹の患者数を発表した。前週の約2倍の84人に上った。流行の兆しがある関東以外でも患者が出始め、新たに3県から感染報告があった。

 感染研によると、今年の入ってからの患者数は273人。昨年1年間の約3倍に上る。累計患者数は千葉84人や東京72人、神奈川24人など関東地方が多い。新たに山形や栃木、和歌山でも患者が出て、今年に入って感染報告があった自治体は27都道府県に上った。感染経路は不明だが、夏休みで都市部と地方で人の行き来が増え、感染が広がったとみられる。

 風疹はウィルス性の感染症で、くしゃみや咳などのしぶきでうつる。潜伏期間は2~3週間。発疹が出る1週間前から人に感染する。症状が軽い場合は患者本人も風疹と気づかないまま、感染を広げてしまうことが少なくない。特に、30代~50代前半の男性は予防接種を受けていない可能性が高く注意が必要。

 妊娠初期の妊婦が感染すると、赤ちゃんに障害が出る恐れがある。(先天性風疹症候群)1万6千人超の患者が出た2012~13年の流行では、45人の赤ちゃんに障害が出て、うち11人が亡くなった。

 感染症に詳しい、岡部信彦・川崎市健康安全所長は「赤ちゃんの命と健康のためにも、妊娠前の女性や、妊婦の夫、職場の同僚などは、ワクチンの接種を検討して欲しい」と話す。

先天性風疹症候群とは

   出生した赤ちゃんに様々な障害を起こします。主なものを以下に示します。

   低体重、白内障、難聴、精神発達遅滞、心室中隔欠損、溶血性貧血、など

   発症する確率は、赤ちゃんに感染する時期が早いほど高くなります。

     妊娠4週まで:50%  8週まで:30%  12週まで:15%

       18週まで:8%  18週以降:ほぼ0%

   妊娠12週以降に感染、発症した場合の症状は難聴のみのことが多く、聴力の障害の程度も高い

   傾向があります。  

投稿日:2018年9月4日|カテゴリ:お知らせ