AIで大腸がん見逃し防ぐ、内視鏡検査を支援 | 赤池耳鼻咽喉科医院 | 文京区 千石駅徒歩3分 耳鼻科 小児耳鼻
Warning: Use of undefined constant php - assumed 'php' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/expro4/www/akaike-jibika/wp/wp-content/themes/akaike/header.php on line 59

文京区の耳鼻科 小児耳鼻 耳鼻咽喉科 アレルギー科 千石駅徒歩3分

赤池耳鼻科咽喉科医院

東京都文京区千石4-40-2

都営三田線 「千石駅」徒歩3

赤池耳鼻科咽喉科医院

AIで大腸がん見逃し防ぐ、内視鏡検査を支援

AIで大腸がん見逃し防ぐ、内視鏡検査を支援

 国立がん研究センターとNECは10日、大腸の内視鏡検査中に、がんやがんの前段階のポリープを

自動的に検知して医師に伝え、診断を助ける人工知能(AI)システムを開発したと発表した。

見逃しを防ぐことで大腸がんによる死亡が減らせると期待される。

 

 内視鏡で得られた画像に異常があるとAIが判定すると、警告音を鳴らした上でモニター上で

その場所を囲んで示し、医師に知らせる仕組み。

 早期の大腸がんやポリープの患者の画像5000例をディープラーニング(深層学習)と言う手法で

AIに学習させた後、さらに5000例の内視鏡画像を見せて判定させたところ、異常な部位の98%を

発見できた。動作が高速なため検査の最中に判定を医師に伝えられるのも特徴だ。

 医師の目だけに頼った検査では見つけにくい小さなポリープがあったり、技量にばらつきがあったり

して、24%が見逃されているとの報告もある。

 

 AIに関しては、今話題の将棋の世界でははるかに人間を超えてしまったと言われているが、

医療の世界でも医師に代わることが出来るのだろうか。

投稿日:2017年7月10日|カテゴリ:トピックス